【女子おふろレポート】大学3年 Iさん

 

女子のお風呂事情をリサーチする「女子おふろレポート

今回は、就活に向けて英語に燃えている大学3年のIさんにお話をお伺いします。大学や就活の勉強に加え、バイトが週に5~6回、合間に自動車学校に通う多忙な生活を送っているIさんのおふろスタイルに迫ります!

 

大学生 × 一人暮らし

おふろは好き 基本的にはシャワーで15~20分であるが、年に2回ほどは湯船につかるのだそう。それは、入浴剤をもらったときか、疲労と肩こりがピークのときであり、その時間をより満喫するためにを持ち込む。特に、短編小説がおすすめで、温まりながら話も完結しどちらも楽しめるため。紙がふにふにになってしまうが、それ以上にお風呂で本というのが最高なのだそう。
I-浴室
入浴前にすることは、コップ一杯の水分をとること!長く入るときは、水分を持ち込むことも。

良い習慣ですね!

お風呂に入ると、300~500mlの汗をかきます

入浴中に汗をかくと、血液の粘度が高まり、いわゆる「ドロドロ血」になります。

『「ドロドロ血」の状態で入浴すると、血圧の急上昇により血管は詰まったり破れたりしやすくなります。それは脳卒中や心筋梗塞という症状になってあらわれます。

入浴後は喉が渇くので水分補給をする人は多いのですが、大切なのは、入浴前にも水分補給をすることです。』

『なお、水を飲んでから15分ほどでサラサラ血になりますので、入浴前の水分補給は、「入浴15分前」と覚えましょう。』(「温泉ソムリエが教える!幸せになる入浴法」より)

実は、高校生のときに美しい友人から、「痩せる」と聞いて始めた習慣とのこと。

体の循環を良くすることで、代謝が上がり老廃物が出まるので、汗をかいて水分を失われた入浴後にも、お水を飲むことで代謝がアップし、痩せやすい体になるそうですよ(^^)

 

おふろに入ってまずすることは、クレンジング。オイルが入っていて落ちやすいオイルインジェルタイプを使用。

次に、シャンプー。エッセンシャル(花王)のピンクもオレンジもどちらも髪に合うのだそう。髪がスルッとまとまるところがお気に入りのポイントで、他のシャンプーも使用したことあるが、やっぱりエッセンシャルに戻ってくるとのこと。エッセンシャル歴5年目
I-Essential
おふろ後に行うことは、スキンケア。お風呂をでれば、すぐ水分量が下がってしまうので、体を拭いたらすぐに化粧水・乳液をつけることは心がけているのだそう。肌がつやつやなIさんは、お母さんからスキンケア製品を支給してもらうそうで、AVONのMISSIONを愛用。お母さん世代も使う製品のためか、使用感は、保湿力が半端ない!とのこと。
I-MISSION
多忙な毎日を送っているIさんですが、「忙しい」という言葉は使いたくないそうです。“忙”は“心が亡くなる”と書くので、心を失ってないし、忙しくても心は失いたくない!という思いからで、その代わり「ハードモード」と言っているそうです。

あくまでも、モードというところで、心にゆとりができる気がしますね!
I-写真2

左:Iさん 右:いとう

ご協力ありがとうございました。

By いとう

One Comment
  1. Pingback: 女子おふろレポート | 【女子おふろレポート】大学2年 Mさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です