【女子おふろレポート】大学3年 Mさん

 

女子のお風呂事情をリサーチする「女子おふろレポート」 第3弾は、女子大生と舞台女優、二つの顔を持つ大学3年のMさんにお話をお伺いします。ゼミを盛り上げるムードメーカーであり、また自身が脚本演出を勤める演劇に日々力を注いでいるMさんのおふろスタイルに迫ります!\(^^)/

大学生 × 実家暮らし

おふろは好きではない、、、その理由としては、自分が好きな時間に入れず、時間の融通がきかないから。 でも、ゆっくりできる温泉は好き!お湯に浸かること自体は好き!とのこと。 入浴時間は15~20分で湯船には、ほとんど毎日湯船につかるそう。 特に、疲れたときや落ち込んだ時、一人の時間の確保したいときは、長めに浸かりリフレッシュをはかる。 スマホや本を持ち込むこともあり、その際は蓋を2/3閉めて机代わりにするという、水没防止や湯冷めの緩和もできる一石三鳥策。
M-本
一時期、半身浴にすごくはまった時期があり、痩せるために半身浴を1時間、学校から帰ってすぐの日課にしていたそう。(すぐに効果が出ずやめてしまったが、、、)  

代謝を高めて痩せやすい体をつくる“半身浴” 体への負荷が少なく誰でもできるダイエット法でもあり健康法です。 対して、最近注目されているのが“全身浴” 全身浴はカロリーそのものの消費がアップし、入浴するだけでカロリーを消費する、つまり入浴が運動と言う考え方です。 代謝を高め、じっくり痩せようとする半身浴と違い、短期間で痩せられる全身浴は、早く効果を得たい!と言う人にはおすすめの入浴方法ですね

全身浴は、AKB48の小嶋陽菜さんもおすすめしていましたね!頭皮もリラックスさせるのが大事なので、顔以外全身、どっぷり浸かるのが良いそうです!

  入浴剤はあまり入れない派敏感肌のため、合わないものがあるからだそう。また、家族みんなが入るので自分の好みだけでは決められないからというのも要因の一つ。 浴室に入り最初にすることは、湯船につかること! その後、頭、顔、体と洗う。
M-浴室
中でもこだわるのは洗顔母推薦のクリームクレンジングで化粧を落とし、洗顔フォームをネットで十分に泡立て、ふわふわの泡で洗う。いかにふわふわの泡で優しく洗えるかがポイントなので、泡立てはいつも真剣!   入浴後はPOLAの化粧水・乳液。それぞれの人の肌質に合ったものでカスタムされ、使い始めてから肌荒れ改善をかなり実感したそうで、手放したくないとのこと。結構なお値段がすることだけが欠点で、それ以外は大満足。

 

「今を存分に楽しみたい、後で後悔するのが嫌」という彼女の言葉が印象的でした。 一緒にベトナム旅行した際は、みんなが不安がる食材を先導きって食べたり、体調が悪いのにそれでも買い物楽しみたいからと気合で出かけてしまったり、その挑戦する姿勢や凄まじい根性の根底には『今を楽しみたい』という強い信念があるからなんだろうなと思いました。

 \ 今を先へ /

M-演劇1

 舞台稽古中のMさん(左)

  ご協力ありがとうございました。

By いとう

One Comment
  1. 毎回楽しみに拝見しています。
    下の娘が大学4回生なので娘世代の情報収集、また、自分の娘との比較で参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です