【女子おふろレポート】大学2年 Mさん

 

女子のお風呂事情をリサーチする女子おふろレポート

4弾の今回は、教育学部で保健体育を専攻する大学2年のMさんにお話をお伺いします。体育の授業や部活ではバレーボール、合間にはアルバイトもかけもつ、体力自慢のMさんは、どのようなおふろスタイルなのでしょうか!

 

大学生×学生寮

おふろはすき ♡

個々の部屋に浴室があり、いつもシャワーのみ15~20分くらいの入浴時間。湯船を溜めたことがない。ユニットバスじゃなければ溜めていたかもしれないが、シャワーも好きなためおふろの時間自体が好きとのこと。

blog 0703②

特に、朝のシャワーはシャキッとし1限から爽やかに臨めたり、部活後のシャワーは「よし、バイト」と切り替えたり、スイッチのような役割も担っているそう。

 

実家ではそのぶん目一杯リラックスし、長風呂をする。いくつもある入浴剤のから、香り効き目を吟味しチョイスするのも楽しい時間!

blog 0703①

また、タオルで巻いたスマホを持ち込んで、音楽を聞くこともあるそう。特にお気に入りは、FUNKY MONKY BABIESで昔から聞いている好きな曲を実家のお風呂で聞くことは、リラックスかつモチベーションもあがるとのこと。

 

敏感肌というMさんは、洗う際にを意識するそうで、からだはボディソープを泡立てて撫でるように洗い、顔も濃密な泡を作り出し優しく洗うことはもちろん、洗面器を使って泡を落とす。シャワーの水圧も顔には負担をかけてしまうからだそう。

 

シャンプー・リンスはCLEARをリピート中。香りが一番の決め手なのだとか。実家ではなかなか自分の好みだけで置いてもらえないから、自分好みのものを置けるのは下宿の特権!

 

温泉でアルバイトをしていて、かなり体力を使う業務の担当の日はどっと疲れる。しかし、さすが温泉施設。業務終了後におふろに入れるのだそう!そこで、少し熱めの炭酸泉に浸かり、疲れを癒すのが至福の時間。

しかし、最近になってのぼせる時間が短くなったように感じているそう。その際は水分をとり、治しているとのこと。

のぼせやすくなる原因として、貧血・自律神経の乱れ・運動不足が挙げられます。

Mさんの場合、運動と密接な生活のため、汗をかくことで水分や鉄分が不足気味になってしまっていたり、忙しくてストレスを抱え自律神経が乱れてしまっていたり、ということが原因かもしれませんね。

のぼせ対策としては、以前も書きましたが、入浴前にも水分をとることが重要です。

合言葉は、「入浴15分前」でしたね!

他には、分割入浴も効果的です。

41℃の温泉に30分間浸かった健康な学生さんが、体温38.5度まで上昇し続け、これ以上は危険ということで終了したという実験データ(http://ofclay.net/20140220/より)もあるので、長風呂には注意してください!

 

先日、大学バレーでの公式戦デビューを果たしたMさん!おめでとう!

不器用だけど、持ち前の運動神経と根性と明るさで、上へどんどんあがっていく選手。

彼女はいつも“周りの恵まれた環境に感謝”と話します。その気持ちや行動が、周りの人々の強靭なサポート力につながるのだなと思います!

\ 今を先へ /

blog 0703③

公式戦デビュー時、渾身の一球

ご協力ありがとうございました!

byいとう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です