四方山話 右党

唐突ですが「ざびえる」って知っていますか?

社会科で習った、フランシスコ・ザビエル?
そう、そのフランシスコ・ザビエルさんに由来した、名前がついている大分県を代表する銘菓、「ざびえる」です。

この「ざびえる」ってお菓子、とてもおいしいんですよ!
見た目は、和菓子の焼き菓子のような佇まいなんですが、バターの香りが効いたビスケット生地に、白餡とラムレーズン餡がそれぞれ包まれた、和洋折衷のバランスがとてもいいお菓子です。

お土産に差し上げると、とても喜ばれますよ。
今回も買って帰りました。そして自分でも食べました(*^^)v

DSCN2202.jpgこのお菓子にまつわるお話をもうひとつ。
メーカーさんは株式会社ざびえる本舗さんといわれます。
創業は2001年1月18日、なんだ最近できたお菓子屋さんか。
知らないと、そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
会社は新しいのですが、このお菓子は昭和37年(僕が生まれる前)からありました。
実は、以前は長久堂さんという会社が製造、販売していました。
ところが、2000年の10月に残念ながら倒産。一旦姿を消してしまいます。

でも、ここからが凄いところで、長年親しまれた大分の味。どうしても復活してほしい、との地元の願いと、もう一度「ざびえる」を復活させたい、との社員だった方々の熱い思いから、復活劇を果たしたそうです。
そんなエピソードが太田清利社長さんのお話として載っていました。

地元に愛され、お客様に愛され、社員に愛され、復活する銘菓。これこそが本物のお土産になるお菓子ではないでしょうか。

そんな商品を僕たちも目指しています。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です