四方山話 右党

Myブーム 「はるみ」から「せとか」へ

ここ2ヶ月くらいハマっている事があります。
しかも、最近「はるみ」から「せとか」に乗り換えてしましました。
そんな書き出しで始まると、平岡はキャバクラ通いでも始めたか?と思われそうですね。
キャバクラではありません。週末の買い物の時に「はるみ」や「せとか」を買って帰ります。
これは「みかん」の名前です。
それほどミカンが好物というわけでも、興味関心があったわけではありませんが、たまたまネットサーフィンでたどり着いた、観音山フルーツガーデン様のページのこの写真を見て、どうしても「はるみ」が味わってみたくなりました。
harumi31.jpg

無断借用ごめんなさい。

ちょうどその頃、近くのスーパーへ週末の買い物に行った時、見つけてしまったんですね「はるみちゃん」速攻GETです。
果肉がプチプチで、薄皮は超薄く、ほど良い酸味の中から溢れ出す甘みのバランスが絶妙ですっごく美味しいです。もう病みつきになりました。
そんな時に今度はテレビを観ていたら、旅番組で愛媛の「せとか」が紹介されていました。「これは比べてみなければ・・・。」と思い、探していました。
そしたら、またまた近くのスーパーで、はじめは2個で980円を発見。さすがに1個500円のミカンはどう?と考えてしまいました。「いや~高級みかんって言ってたもんな~」と諦めかかっていた時に、今度は2個で598円を発見。思わず手が出てしましました。
201203292.jpg
それはそれは甘~いミカンです。はるみと比べても甘さが際立ちます。でも僕の好みは・・・。
喜びも束の間、ショックなことが。翌週には4個で398円を発見してしまったんです(/ω\)
201203291.jpg
でも、みかんがこんなに美味しくなっていたことに驚きを感じています。
品種改良という技術はすごいですね。
交配と言うんですか?
なん通りも試して、何年もかけて育てるんでしょうね。
恐れ入ります。
消費者に美味しいものを届けるために頑張ってください。
よろしくお願いいたします。
ちょっと面白いものを発見。みかんの家系図だそうです(^^)
by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です