ofclayのこと 入浴・入浴剤のこと 四方山話

ミネラル スパ パウダー のちょっとした活用術 その2

昨日に続きミネラル スパ パウダーのちょっとした活用術です。
しかも今回は残り湯の活用術です。

なので薬事法には全く関係ありません。 ok!

注意書きには「残り湯について」にこのように書いてあります。

●残り湯は洗濯に使えますが柔軟仕上げ剤との併用やおろしたての衣類の洗濯にはお使いにならないでください。又つけおきはせず、すすぎは清水をお使いください。

残り湯をお洗濯に使われるご家庭も多いと思います。
特に冬はぬるま湯で洗濯した方が、粉石けんの場合溶けやすかったり、洗剤の働きが良かったりします。

ただし、衣類用柔軟仕上剤を使用する場合や、柔軟仕上げ剤で処理したもの(おろしたての衣類)を洗濯する場合に、衣類に着色する可能性がありますのでご注意ください。
これは、柔軟仕上げ剤の有効成分である陽イオン(カチオン)界面活性剤が作用して水不溶性化合物を作り、衣類に着色を起こすことがあるからです。

また、「つけおきはせず」と書かれていますが、ここに活用術その2があります。

高価な衣類等について、つけおきをすることでトラブルが発生することを避けるために書いていますが、靴下は是非つけおきをして洗濯してみて下さい。

新陳代謝が盛んなお子さんや、足汗が多い男性の靴下は臭いが気になりますよね。
そんなときに、ミネラル スパ パウダーの残り湯につけおきをして洗濯されると臭いを消してくれますよ。
お子さんのズック洗いにもご活用ください。

是非、お試しあれ!

20141030

衛生上の観点からすすぎは清水をお使いくださいね。

by ひらおか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です